f:id:kopochiko:20170927170504j:plain深夜からの雨、
北からの冷たい風
寒い朝
雨足が強くなってきた。
f:id:kopochiko:20170927170522j:plain
昼頃に雷ならしたあとは
雨も小降りになった
気がはれたかしら フフフ。

f:id:kopochiko:20170926105252j:plain
涼しい朝、
10月4日の中秋の名月に向けて
絵本の選別をすます。
早めのランチにでかけることになり外へ出ると
ツクツクホウ~シ と 蝉の声。


f:id:kopochiko:20170926163135j:plain
f:id:kopochiko:20170926180230j:plain
秋高し 夕景はさぞや綺麗かろね

f:id:kopochiko:20170925105703j:plain
秋高し影長し

f:id:kopochiko:20170925110128j:plain
紅葉黄葉
f:id:kopochiko:20170925110216j:plain
秋は短し か?

お彼岸のお中日

f:id:kopochiko:20170923162139j:plain
春彼岸と秋彼岸、年に二回あるお彼岸。
お彼岸の中日である秋分の日は
「祖先をうやまい、なくなった人々を偲ぶ」
という意味を持つ。
因み、春分の日の意味は
「自然をたたえ、生物を慈しむ」

f:id:kopochiko:20170923162826j:plain
萩の季節は おはぎ
牡丹の季節は ぼた餅
あずきの赤色には、
災難が身に降りかからないようにする
おまじないの効果があると言われ
古くから邪気を払う食べ物としていたと。

糸瓜忌

f:id:kopochiko:20170919203007j:plain
「一匕のアイスクリムや蘇る 子規」
M32/8/22のこと。
高浜虚子宅を訪いアイスクリームを
馳走になった甘党の子規さん
『アイスクリームは近日の好味、早速貪り申候』
と言葉を残す。
その頃は貴重品であったアイスクリームなのだ。
虚子さんの心遣いに感じ入る。


f:id:kopochiko:20170920211340j:plain

台風一過

f:id:kopochiko:20170918092417j:plain
実りの落下 台風の爪痕
f:id:kopochiko:20170918092443j:plain
取り払われた湿度 秋空高い

f:id:kopochiko:20170918092541j:plain
秋仕様に香水を衣更え